お腹の悩みは脂肪吸引でスムーズに解決できるという事実

いざさらば

切らない手術

細胞を細かくする

脂肪吸引はメスを用いない場合、振動や特殊な波動をお腹や太ももに当てることで、脂肪細胞を液状化しそれらを毛穴から吸い出すというテクニックが用いられます。これらはダウンタイムが少なく、また痛みや傷跡が残らないという点が大きなメリットとなっており、スタイルを整えやすいというメリットもあるのです。その為、この施術を望む声は多く、現在では多くのクリニックがこのテクニックを採用しています。
従来の脂肪吸引はお腹などに少しメスを入れ、そこに吸引用ホースを差し込むことで脂肪吸引を行っていました。現在もその方法が効果が高いと人気がある為、存在していますがダウンタイムの長さやキズが回復するまで少し不安であるという声もあるのが現実なのです。こうしたメスを用いない脂肪吸引が普及することで、より快適にお腹などのコンプレックスを解消できるケースが増えると言われています。

吸い出す技術

また、お腹などの気になる部分に注射を行い、そこから徐々に脂肪細胞を吸い出していくという脂肪吸引も存在します。この場合血液なども同時に吸い出されるのではないかという不安をあらわにする人々もいますが、注射で吸い出す前に脂肪細胞のみを選別する為の準備は行われている為、安心して利用することができるのです。
こうした傷口を少しでも小さくする努力も行われている為、メスを入れるか入れないかという選択肢は最終的には利用者が判断し、選ぶこととなります。どちらの場合でも理想のスタイルを手に入れられる可能性は存在し、より高い方を選ぶという認識が大切なのです。